今日も物質

なんでもござれ

暇つぶしが欲しいやつは全員Nuclear Throneをやれ

寝食を忘れるほどプレイしてしまうようなゲームとの出会いというのはかなり貴重なものです。

 

布団に潜り込んでプレイしたゲームに、目を真っ赤にするほど熱中してしまうゲーム。

 

これらの作品は空漠たる我々の時間にひと時の興奮と睡眠不足を与えてくれます。

 

「つい起動してしまう」「あと1プレイだけ……」

 

こういった感じのゲームですね。

有名どころだとCivilizationシリーズなんかがこれに当たりますね。

 

 

そして、今回の記事で紹介するのはこちら。

 

 

store.steampowered.com

 

 

Nuclear Throneです。

 

ゲームのジャンルを一言で表すのなら、ランダムダンジョンシューティングです。

 

ドットで描かれたキュートなキャラクターたちを操って、Throne……玉座を目指してダンジョンの深層へと潜っていく、という内容になっています。

 

 

 

PV観てみましょうか。

 

www.youtube.com

 

 

ご覧のとおり、めちゃくちゃトリガーハッピーなシューティングゲームです。

 

バカスカ攻撃してるだけで楽しいんですが、このゲーム実はめちゃくちゃ難易度高いんですよ。

 

オススメしといてアレなんですけど、ぼくはこのゲームのラスボスを一度も拝んだことがないですからね!

 

いわゆる「死にゲー」というやつで、死んで立ち回りなんかを覚えていく感じになります。

 

難易度高いうえに死にゲーって、モチベーションが下がらないのか、という懸念もあると思います。

 

 

ところが、このゲームその辺はしっかりクリアしています。

 

どうクリアしているのかというと、ゲームオーバーからのリスタートがすごく早いんですよね。

 

一瞬でニューゲームできます。

 

リスタート周り含めて、テンポが非常に良いゲームです。

 

ランダムダンジョンに加えて、使用武器と成長要素もランダムなので、毎ゲーム新鮮にプレイすることができます。

 

本当に時間泥棒なんですよこれが。

 

 

ちなみにこのゲームは日本語対応していませんが、英語読めなくても全然なんとかなります。

 

まとまった量の英文が出てくるのはレベルアップしたときくらいですかね?

 

レベルアップ毎の成長要素、Mutationsというんですが、これを選択するときはちょっと英語を読むことになります。

 

と言っても、そんなに難しい文ではないですし、日本語wikiだってあります。

 

この日本語wiki、情報量が結構充実してるので一度読んでおくとゲームが快適になるかもしれません。

 

 

Nuclear Throne Wiki*

 

 

 

 

という感じで、今回は「あと1プレイだけ……」となること請け合いのシューティングゲーム、Nuclear Throneを紹介しました。

 

やめどきが見つからないので、延々とやってしまうタイプのゲームです。

 

「暇で暇で仕方がない」「何もしていない時間の虚無がきつい」という人々全員におすすめしておきます。