今日も物質

必死で存在しています。

どうして人は辛いカップラーメンを買ってしまうのか

全財産が財布の中の一万五千円のみとなり、本格的に生存が難しくなってまいりました。

ケチャップです。これからどうしよう。

 

 

「職なし学なしやる気なし」な期間を過ごしたことのある人々には分かっていただけると思うんですが、こういう状況になって一番困るのって正直「食費」じゃありませんか。

 

最悪な話をすると、家賃や光熱水費や保険料ってある程度滞納しても「明日」とか「来週」は生きていけるんですよね。

もちろん滞納しすぎたり支払いを放棄したりすると家や生活インフラを失ってグンと死が近づいてくるのは間違いないんですが、それは明日とか来週ではないのです。恐らくは。

 

問題なのは食費なんですよ。生物である以上、食わねば飢えます。飢えれば死にます。

生理的な問題ですから億ション住みの大富豪であろうが路上生活者だろうが関係なく食というのは必要不可欠なのです。

そして当然ながら前者は食に困ることはなく、後者は糊口をしのいで生きていくしかない。まったく、平等でかつ不公平な話です。

 

 

幸いなことに未だ私は路上生活者ではないのでこうしてブログを書いたりドラッグストアで安い食料品を買い漁ったりすることができているわけですが、いよいよ「明日は我が身」という言葉が現実味を帯びてきています。

それに対して全く策を講じたり体を張ったりする気力がないのが私の致命的にダメな部分なんですが、まぁ本題ではないので割愛。

 

 

本題というのは、「どうして人は辛いカップラーメンを買ってしまうのか」という話です。

皆さん、辛いカップラーメンはお好きでしょうか。

 

私はあまり得意ではありません。でもたまに買っちゃうんですよ。

日々もさもさとした味気のないものばかりを食べているので、「タンパク質と脂肪でできた辛くて旨いものが食いたい」という衝動に駆られることがしばしばあるのです。

 

 

先日、近くのドラッグストアで食料品の買い込みを敢行しました。

100円弱で売られている200グラム用のパスタ用ミートソースを始めとした安価な食料品を大量に揃えている店で、大学時代から世話になっています。

 

 

で、そこでの買い込みの際にふと「辛くて旨いものが食いたい」という例の衝動が湧いてきて、カップ麺コーナーの前をふらふらとしながら長考状態に入りました。

辛いカップ麺って結構種類があるじゃないですか。

もうめちゃくちゃ辛さ全振りのものに、「辛くて旨い」を謡うもの、あと台湾ラーメンに焼きそばや油そば風のものなどなど、びっくりするほどバリエーション豊かです。

そして安い。辛いカップラーメンというのはなぜか安価なものが多い気がします。なんでなんでしょうね。

 

先述したように、私はあまり辛いカップラーメンがあまり得意ではありません。

ですので、できるだけ辛さと旨さが共存していそうな、少なくともそれを売り文句にしているものを買い、他の食料と一緒に愛用のママチャリに載せて帰りました。

 

他の食料をそこそこ大量に買ったのに対して、このラーメンは一品だけ、故に他のものに飽きたタイミングで食べようと放置していて、それが今日だったわけです。

 

 

で、まぁ、失敗しました。

いまいちでしたね。はい。やはり得意じゃないものは得意じゃないです。

辛さも旨さも半端というか、味にパンチがないというか、値段相応というか、まぁそんな感じでした。

旨さを求めて激辛を掴んで失敗することが多かった身としては珍しい体験ではありましたが、珍しいだけで特に嬉しかったりはしません。

 

「私には辛いカップラーメンは向いていないんだ、これからは買うのは控えよう」というのが食後の感想ですが、前の失敗でも前の前の失敗でも同じことを考えていたに違いなくて、きっといずれまたこの失敗を繰り返してしまうのでしょう。

 

 

もしかしたら、私もいずれ運命の「辛いカップラーメン」に出遭い、食生活に刺激を取り戻すことができるのでしょうか。今はまだ道の途中、そういうことなのでしょうか。

 

行き倒れる前にこの道の果てを見てみたいものです。

 

 

あ、広告は蒙古タンメン中本さんですが、記事中で触れているのは中本さんではないです。悪しからず。

ニート流、段ボールDIY

こんにちは。ケチャップです。

 

 

私の引きこもり生活も長くなったもので、途中で就職したりアルバイトをしたりしていた時間を除いて計算したとしても、かれこれ3年間くらいはこの生活を続けています。

 

いわゆるニートですね。

Not in Education, Emproyment or Training、略してNEET

勉強も就職も、それらへ向けての訓練もしていない人々。私もその一人です。

 

困ったことに(困っているのは私ではないんですが)、私はこのニートであることへの罪悪感とか危機感とかいうものがほとんどなく、日々着々とニートパワーを高めているのです。

 

ニートパワーというのは、例えばソシャゲネトゲのプレイ時間や実績、無為に消費したカロリーや睡眠時間、そして滞納が続く生活費などを指しています。最悪ですね。

 

そしてなお悪いことに、無形のニートパワーがもりもりとその数値を増やしていくのと同時に、体積と質量をもつ副産物というのも日々生産されていきます。

 

 

ありていに言えばゴミです。

ニートは外に出るのを嫌うので、通販で届く段ボールなどの、割とかさばるタイプのゴミが部屋を埋め尽くしていくんですね。

 

マメに捨てるなりすれば部屋の空間を圧迫することもないのでしょうが、それができたらニートやってません。これはニートにとってはどうしようもない問題なのです。

 

捨てるのは面倒くさい、かといって増えないということはあり得ない。

じゃあどうすればいいのか。

 

 

リサイクルです。DIYしましょう。今流行りでしょうDIY。乗っかっていこうじゃありませんか。

 

 

私が実践している段ボールのDIYを二つほどご紹介しましょう。

 

 

まず一つ。サイドテーブルです。

私は座椅子とローテーブルで日々のニート作業に従事しています。

この座椅子というのが少々底が高くなっているタイプで、マウスを地面に置いて使うと腕が伸びっぱなしになって辛くなってきちゃうんですよね。

 

そこで段ボールの出番です。こちら。

 カロリーメイト、30個入りです。コイツの空き箱がまた手ごろなサイズでして、大きすぎず小さすぎず、こうした工作に最適なのです。

 

まぁ工作というか、二つ積むだけなんですが。

二つ積んで、マウスパッドとマウスを乗せて、おしまいです。これでDIYと言い張っていく勇気が必要です。

ガムテープでもあれば使っているうちにガタガタ揺れなくていいかもしれませんね。

私はガムテープを他の段ボールの山に行方不明のまま放置しているのでその工程はやってませんが。

 

 

そして二つめ。箱です。段ボールを箱として活用します。

DIYです。Do It Yourselfです。勇気です。

 

先ほどサイドテーブルに使ったものと同じ、カロリーメイトの箱に、えいやっとDIYパワーを込めると、小物入れに大変身します。

私はもっぱら「今は使わないけどたぶん将来使うもの入れ」にしていますね。

 

今確認したところ、朱肉、昔バイトで使っていた軍手、爪切り(二つめ)、乾電池、もう使ってない銀行の通帳などが入っていました。

ほぼゴミ箱ですね。ゴミを使ってゴミ箱を作っています。

 

 

まぁ、いくら無駄に近い道具であろうと、価値がマイナスのゴミのままにしておくよりは良いというものです。そう考えることで「捨てる」という根本的解決法をどんどん先送りにしていきましょう。

 

 

余談ですが、「今は使わないけどたぶん将来使うもの入れ」は我が家に3つあります。

今日紹介したカロリーメイトのものが一つ、引っ越しの際に荷解きせずに放置しているものが一つ、そして百均で買ってきたものが一つです。

ここまで来たらもう全部ゴミみたいなもんですね。捨てればいいのに。

最後に至ってはDIYですらないし。

 

 

 

 

 

さらに余談なんですが、今回紹介した30個入りのカロリーメイト、おススメです。

 これね、開けたときにめちゃくちゃテンション上がるんですよ。

アタッシュケースみたいに上蓋が持ち上がるようになっていて、開けるとカロリーメイトがぎっちぎちに詰まっているのです。

 

アタッシュケースに例えましたが、まさしくケースいっぱいに詰まった札束を目の前にしたかのような気分になることができます。

是非一度お試しを。

『チェンソーマン』7巻から読み解くポチタの正体【ネタバレ・考察】

 

さて、本日2020年6月4日、待望の『チェンソーマン』第7巻が発売されました。

 

7巻に収録されている回では物語の核心に迫るような秘密がどんどん明かされてきていて、私のような考察好きにとっては堪らない一冊になっていました。

 

そこで、1巻から7巻まで通しで読み直し、疑問点や推察可能な点を洗い出し、この記事にまとめてみることにします。

 

細かな疑問はいくつもあって、下書きとなるメモ帳はそういった雑多な走り書きで埋まってしまったので、今日は特に私が語っておきたいいくつかの点に絞って話をしていこうと思います。

 

 

そういうわけで、本題です。

「ポチタの正体」「心臓が狙われる理由」、この二つについて、ネタバレもりもりで書いていきます。

妄想、憶測を多分に含みますが、それでもよろしければ、どうぞ最後までお付き合いください。

 

 

 

 

ポチタは何者なのか

チェンソーマン』という物語は、現在「チェンソーの悪魔の心臓を巡る攻防」を主軸に展開しています。

私は、「そもそもなんでチェンソーの悪魔の心臓がそんなに重要視されてるんだろう」という疑問を抱き、それを解消するために「チェンソーの悪魔」であるポチタに注目することにしました。

 

一巻の時点でも、考察の材料となる描写は複数見つかります。

 

例えば、デンジとポチタが出会う回想シーンです。

この時、ポチタは瀕死の傷を負っているのですが、その傷というのが弾痕に見えるんですよね。

「そう見える」というだけですが、「チェンソーの悪魔はもともと銃の悪魔と敵対関係にあった」という可能性が微かに浮上します。

 

 

これは7巻で明らかになることですが、チェンソーの悪魔というのは、悪魔にとっての「子宮」と形容される「地獄」において、他の悪魔の死と転生に立ち会う存在だったようなのです。

また、永遠の悪魔の「昔よりずっと弱くなってる」、サメの魔人ビームの「チェーンを使って移動していた」などの発言から、デンジに心臓を託す以前のチェンソーの悪魔を知っている人物もいくらか登場しています。

 

果たして、その「チェンソーの悪魔」というのは「ポチタ」と完全にイコールなのでしょうか。

ポチタは永遠の悪魔と対峙した時のデンジより強かったのでしょうか?

チェーンを使って高速移動したりしていたのでしょうか?

そもそも、使われる状況が限定的であるとはいえ、厳つい外見や残忍な凶器の一面が強調されるフィクションなどのイメージから生まれるであろう「チェンソーの悪魔」が、あんな可愛らしい子犬のような姿をとるでしょうか?

ナマコの悪魔ですら「怪物」と形容するのに相応しいおぞましい姿をしていたのに?

 

 

と、ここまで考えて私が至った結論は、「ポチタはチェンソーの悪魔が力を失った姿である」というものです。

強大で他の悪魔への影響力もあったチェンソーの悪魔が、なんらかの理由で地獄を追われ(地獄の悪魔の死の傍にいるのですから、元は地獄に居たはずです)、力を消耗しきってしまった成れの果てがポチタである。私はそう考えます。

 

 

作中ではその「チェンソーの悪魔」の心臓を巡って殺したり殺されたりの戦いが繰り広げられているわけです。

ここからもう少し整理して、「チェンソーの悪魔の心臓が狙われる理由」について考えていきましょう。

 

 

 

チェンソーの悪魔は殺されるのか

作中でも何度もそう描写され、このブログでもしつこいくらいに書いていますが、多くの勢力に狙われ、利用されようとしているのは「チェンソーの悪魔の心臓」です。

チェンソーの悪魔」や、「デンジ」、「悪魔でも人間でもないモノ」のどれでもありません。

 

ここからは消去法で考えていきましょう。

 

まず、作中で「チェンソーの悪魔を確保しろ」みたいなことが宣言されたことは多分一度もありません。チェンソーの悪魔そのものを、ある勢力に引き入れたり、あるいは亡き者にしようとしているわけではないことが分かります。

というか、デンジを攻撃する勢力が口を揃えて「心臓をよこせ」と言っているあたり、もう「チェンソーの悪魔」が純粋なあり方で存在していないことが既に知れ渡っていますよね。

 

 

次、「デンジを捕まえろ」とも言われてません。

むしろほとんどの勢力にとって彼は殺害対象です。

ただ、蛇の悪魔と契約していた沢渡が「心臓は傷つけないで」と明言しています(その直後にサムライソードが「腕と心臓を狙え」とか言っちゃったりしてるんですが)。

そういうわけで、重要なのはやはりデンジという個人ではなく心臓だということになります。

 

 

「悪魔でも人間でもないモノ」についてですが、私は当初これが重要な要素なのだと考察していました。

作中で「名前がついていないくらい珍しい現象」という風に説明されているし、デンジのもつこの属性が、人間と悪魔の関係について特異点的な役割を果たすのだろうかと考えていたんですね。

しかし、デンジ以外にも「悪魔でも人間でもないモノ」は作中に数人登場します。

前述のサムライソードことヤクザの若頭、あとボムガールことレゼがこれに該当します。そして、彼らと彼らの心臓は別に特別視されてもいなければ狙われてもいません。

よって、この「特異点説」も消えます。

 

さらに言うと、アクション漫画でよくある、「敵の能力を吸収してパワーアップ!」的な代物でもないはずです。

一巻でコウモリの悪魔がデンジの血を絞って飲み下したとき、「まずい!」と言っただけで、別にパワーアップも体に異常を起こしたりもしていないからです。

まぁこれは厳密には心臓ではなく血液の話なので関係ないかもしれませんが、「チェンソーの悪魔の肉体は他の悪魔に何かしらの影響を与えるような特別なものではない」ということは言えるかもしれません。

 

 

さて、まだまだ潰し切れていない可能性も多々あるでしょうが、主だったものは排除できたかと思います。

では、それでもなお「チェンソーの悪魔の心臓」が狙われているのは一体なぜでしょうか。

 

これはもはや考察というより私の予想に過ぎないですが、私はチェンソーの悪魔が輪廻するのを防ぐため」なのではないかと考えています。

 

7巻で、悪魔は個体が死んでもその概念への恐怖がある限り輪廻し生まれ変わるという設定が明らかになりました。

そして、その輪廻にチェンソーの悪魔が深く関わっているということも。

 

仮にチェンソーの悪魔(ポチタ)が死んだとしても、別のチェンソーの悪魔が生まれ、以前の役割(役割と呼ぶべきものなのかは不明ですが)を果たし続けるでしょう。

心臓を狙う銃の悪魔らの目的は、チェンソーの悪魔を殺すこと、ではなく、チェンソーの悪魔を生かし続けておくことではないでしょうか。

 

心臓を奪い生かし続け、チェンソーの悪魔を無力化したうえで転生も封じ、それによって起こる事態が彼らの真の目的だと考えられます。

 

デンジがチェンソーの悪魔の心臓を保持したままでは、「普通の人生」を送っていずれ死に、チェンソーの悪魔はその時転生するでしょう。

そうならないためには、あらかじめ心臓を奪い、心臓だけの状態で生かし続けることが必要になるというわけです(そんなことが可能であるという描写は当然されていませんが)。

 

で、デンジを「普通の人生」から遠ざけ、デビルハンターへの道へ誘った第一発見者はというと……という話になるわけですね。

 

 

 

さて、今回の考察は以上になります。

書いているうちにどんどん粗が見つかるので書きあがるか不安でしたが、まぁ文章にはなっていますね。

この記事を読んだ人が私の考察を叩き台にして、より面白い考察をしてくれるとありがたいです。その時は是非Twitterかコメントで教えてください。

 

それでは、次の記事でお会いしましょう。

この記事を書くにあたって『チェンソーマン』の疑問点をかなり文字化したので、それをコピペして一記事分お茶を濁すかもしれません。

 

 

八方美人、どん兵衛焼うどん

 

どん兵衛きつね焼うどんを食べました。

 

焼うどんという食べ物は、実家で祖母に作ってもらって以来全く食べていませんでした。

一人じゃまず作らない料理ですよね。大皿で供されている家庭料理って感じのイメージが強いです。

 

 

味ですが、びっくりするくらい普通です。可。

普通のどん兵衛と同じくらいの強さの出汁に、七味仕立てマヨネーズをかけていただきます。

このマヨネーズが入っているために、焼うどんというよりは油そばに近い料理に仕上がっているのではないかと感じました。

まぁ私は油そばという食べ物が苦手なので、正しい例えなのかは分かりませんが。

 

 

たぶん、普段焼うどんばかり食べている人(そんな人いるか?)が「焼うどん」という字面に釣られて食べたら、「なんか違うな」と感じると思います。

あと、上に私が書いた「油そばに近い」というのを真に受けて、油そばばかり食べている人(こっちはいそう)がこれを食べても、やっぱり「なんか違うな」と感じるでしょう。

 

焼うどんとも油そばとも違う料理だな、というのが私の感想です。

ただ、美味しいのは間違いないです。

きっと上記の偏食家2人も、食べ進めているうちに「これはこれでアリ」という結論に落ち着くはずです。普通な、無難な味なので。

たぶん「アタシどん兵衛焼うどんだけはダメなの!」ってなる人はそうそういないと思います。苦手な人がいなさそうというのは、それはそれですごい話です。

 

あえて文句をつけるとすれば、油揚げについてですかね。

小さく刻んだ油揚げが入っていて、それ自体は大変結構なんですが、麺に全然絡まないんですねこれが。

麺をあらかた食べ終わってからようやくカップの隅にへばりついているその姿が見えるようになるという、インスタント麺にはありがちな状態に陥ってしまいます。

「ありがち」と感じるということは、これを解消するのは難しいんでしょうね、きっと。

しかし、もちもちとした触感にアクセントを加える意味でも、なんとか麺に絡む加薬を発明してほしいものです。

 

 

チラシの裏の恨み言

ここ最近、ものを考えるということがどんどん嫌になってきている。

 

内在化した他者がありとあらゆる思考に割り込んで、それを片端から台無しにしていく。
例えば動画を観たりゲームをしたりしている最中も、「こんなことに夢中になるなんてどうかしてる」だとか、「全然面白くないじゃん」みたいに、自動で粗を探して楽しんでいるのを邪魔してくるのである。
こういった「文章」にする際にもそれは顕著で、キーボードを叩いているとたちまち文章や文章以前の思考が無意味か蛇足かその両方であるという発想が強度を高めていく。


Twitterのトレンドが目に入っては色々な他者を見つけ、彼らを心底毛嫌いしつつも、着実に自分の内側に彼らの視点を増やしている。私を守ってしかるべき私の無意識にずっと苦しめられている。もちろん守ってくれてもいるんだろうけど、それならもっと徹底して守ってほしい。この無意識の在り方は私にとって本意ではなく、「生命のバグ」だとか「無意識の暴走」と形容して片付けてしまいたくなる。「片付けてしまいたくなる」というあやふやで思い切りに欠ける言い方がまさしく自己否定の結果であり、自分を傷つける武器の鋭さの代わりに「うまい表現」をするための武器はどんどん鈍くなってきている。

「~している」「~だ」という形で文章を終わらせるのに必要なエネルギーがどんどん増えている。
捕捉に次ぐ捕捉、言い訳の言い訳、誰に聞かれているわけでもないのに勝手に言葉を先回りして自分の道を塞いでいる。

孤独な時間が長引くにつれて、他人からの視線にはどんどん敏感になっている。根本的には孤独なので、「他人からの視線」とはいっても、得意の内在化した他者の視線にすぎず、内在化した他者というのは常に自我と相互に参照し続ける以上互いに歪めあっている。
「他人の視線に敏感なのに、肝心の真の意味での「他人」の視線の内容については歪んだ理解しかできておらず、彼らとのコミュニケーションが円滑に進むわけではない」のである。
内在化した他者が自分を歪め、歪んだ自分が現在の他者との関係の解釈を歪める。時が進むごとに自分が拗れていく悪循環が発生している。


当初は飯の種にするつもりで始めたブログだったが、自分の文章及びキャラクターを金にしてやろうという気概や自身はもうなくなってしまっている。
今日のような愚痴や「金がないから助けて」というような、コンテンツとしては下の下になるようなものしかもはや発信できず、完全に行方を見失ってしまっている。
辺りを見回すと働いていなくても自分をコンテンツとして切り売りすることで生き長らえている人々がそこそこ見つかって(「辺り」が途方もなく広くなってしまっている)そういった人々が羨ましく、妬ましい。どうして自分はこうなっていないのだろうということばかり考える。もちろん年季の違いに蓄積の違いがあるからそうなっていないのは理解できるし妥当だとも思うけれども、それでも羨ましいものは羨ましい。
当然働いていなくても食っていけている人より働いていなくて食うに困っている人のほうが絶対数は多いだろうけど、前者のほうが確実に目立つ。そして何より死体は喋らない。

今宵の月のように

アーティストで曲を聞かない派です。

 

ケチャップです。

 

 

毎日やるとか言っておきながら一日たりとも続かなかった段ボール駆逐作業を本日消化しました。

もう結構片付いたんじゃないでしょうか。

物が入っているやつを除けばおよそ6割は駆逐完了といったところでしょうか。なかなかの速度です。私はやればできるやつだ。

 

 

んで、今日の作業中はずっとAlexaにBGMを流してもらってたんですよね。

スピーカーとして使ったのいつぶりになるんでしょう。

私はあまり「ながら作業」というのができないたちで、日々を過ごす中で強いて音楽を聴くためだけに時間を割くこともあまりないので、たまにプレイリストを再生したりすると随分懐かしい曲が流れてきて懐かしさに耽ったりするものなのです。

 

「そういえばこの曲好きだったな」「やっぱこの曲好きだな」ってなるんですよね。

 

懐かしのバラードを背中に聞きながらゴミを出すために玄関を開けると、厚着した身体を涼しい風がすり抜けていって、まるで自分自身が歌の一部になっているような感覚を受けました。

 

音楽をかけていなくても、ニートをやっていて久々に外に出たりすると、外の世界に「感覚」を呼び起こされて途方もなく感傷的な気分になったりするものですが、今日はそれが強化された形です。

 

良い体験でした。

今日はこれを書き留めておきたかっただけです。

 

一日も続かない習慣

特技はおにぎりを適切な温度にチンすること。

 

ケチャップです。

 

 

今日は一際睡眠時間が長かったですね。起きてた記憶がありません。

 

それが意味するのは、段ボールを破壊するという習慣は一日にして潰えたということ。

何をやらせてもままならない。

 

自己嫌悪のような感情は特にありません。

「ダメな人だなぁ」という、どこか他人事のような感想があるだけです。

人生万事他人事なんですよね私という人間は。だからいつもヘラヘラしているのです。

まぁ実際のところは自己嫌悪というのは自覚されずに積もり続けて今日の私を作り上げているんでしょうけども。

 

 

支離滅裂なことしか書けません。

今日はこれで終わり。

明日はそうじゃありませんように。